menu | archive | admin
スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初笑い・カフカ冒険の巻 
ある朝、ザザムシが気がかりな夢から目ざめたとき、自分がベッドの上で一匹の巨大な毒虫に変ってしまっているのに気づいた。
 っていうかもう、ザザムシは最初からザザムシだったので、とりあえず二度寝した。
 非毒虫控除が受けられなくなることがやや気になったが、もとよりザザムシ程度の神経しかザザムシには無かったので、気になったといってもそれほどは気にならなかったのだ。

 ザザムシな上に毒虫で、しかも人間大のサイズがあるので、見た目で普通に怖かった。
 “サイズのあるそれ”って云うとラノベっぽいなぁ、メモっておこう。いいなあ、“それ”。じつに便利だ。あと“その”とかも。

 そうしてザザムシは最初の一年間いっさい喋るのを辞めて、次の一年はなんかやたらと呟いた。
 現代は便利だ。
 ザザムシが全身の脚を使って繰り出すタッチタイピングはもう、パっと見でトラウマものなのだが、家族としては慣れたものでエキサイトしてタッチ音がうるさい時に熱湯をかけるぐらいで許してくれた。
 【朝起きたら毒虫になってたんだけどなんか質問ある?】とスレ立てしたところ、なんでも人間から毒虫に変わった人がいるらしく、まさかのご本人登場で3レス目で乗っ取られてしまった。
 いやだね、自分の不幸をひけらかすなんて。気持ち悪いよ、と毒虫は毒虫なりに考えたが、やはり、毒虫は毒虫であった。
 しかし画像も貼らずにスレ立て(すぐ削除されてしまうので貼れないのだ)からもひとつ勉強になることがあった。
 毒虫になったから毒虫検定を受けねばならないと思っていたが、なんでも毒虫検定は民間の機関が勝手に云いだしたもので、義務でもなんでもないのだという。却って検定を受けることで毒虫度を上げてしまったり、また「検定があるからって勉強した程度の毒虫では、使い物にならない」らしい。




 妹のダイオウグソクムシは兄が毒虫に変わったのだから、これはもう普通にスルーした。
 毒虫になったザザムシの毒というのは、衝撃やストレスを与えると毒煙を周囲にまき散らし、触れると肌がかぶれる、というものだったので、部屋が深海のダイオウグソクムシにはあまり関係なかった。
 「お兄ちゃんのと洗濯もの一緒にしないでよね、毒虫なんだから」ぐらいの雑言は、いやしかし思春期の小娘なので以前から兄と父の洗濯ものを分けるきらいがあって、兄が毒虫に変わったところでこれ幸いと言いだしては、父を毒虫に巻き添えにする按配になってしまう、そこでダイオウグソクムシは兄の洗濯ものを黙って燃やしていた。
 ちなみにアニメ版ではこの描写があるたびに、逆に偏執狂的である旨を囃し立てる弾幕が貼られるのが常であったが、そもそもアニメ化なぞしてもいないので、その心配もなかった。

 書きながら、考えているのがめんどくさくなったところで父親(ツマグロヒョウモン)が唐突にリンゴをザザムシにぶん投げた。
 三年目にリンゴは遠慮がちに言った。


「他の作でも風切り羽を切っちゃったりして、井伏ちんのはみんな同んなじだ、って言う人も居るけど、それは初作の印象を当てはめて見てるだけの、不自由な意見なんだぜ。
 その意見は意見でいいんだけど、だったら、或る著者の著作群に従と属をつける……つまりテキストとサブテキストを分けるってのを、これを無議論で通しちゃいかん。
 無議論を無議論のまま突き詰めても、顕わになるのは論者その人でしかないんだ。
 つまびらかに展開していって面白い人間なんて、そうはいないんだよ?」


 四月、金沢の風はザザムかった。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。